img_01

フロアコーティングにおけるトラブルについて

フロアコーティングは、施工を行なうことで床を美しくすることができ、また、耐久性もあることからメンテンンスにも容易な面があります。


ただし、施工にはトラブルに関して注意をしておく必要があります。まず、フロアコーティングには、その種類によって向き不向きがあることです。例えば、現在人気のあるUVフロアコーティングの場合には、メリットとしては高光沢がありますが、施工をした場所によっては光沢の強さに困ることがあり、この場合には照明の反射などで眩しく感じてしまうことがあります。

また、紫外線に弱い性質をもっているために直射日光などが当たる場所には不向きとなり、行なう場合には窓にUVカットフィルムを貼るなどの、なんらかの措置を講じる必要があります。



次に低料金があります。

行なう場合には専門業者に依頼をし、できれば見積り等の比較をした上で依頼をすることが最適な方法となりますが、この場合、内訳明細の比較をせずに、合計金額の安さから選んだ場合にはトラブルにつながる可能性があります。
フロアコーティングには使用原料によっても相場がある程度決まっており、あまり安い場合には、原料の希釈などが考えられ、結果的には短期間での剥離につながることもあります。
また、このような業者の場合には、連絡をしてもなかなか対応をしてくれない場合も多く、結果、別の業者に依頼をし最終的には高い金額となってしまいます。

十分に内容を確認した上で依頼することが重要になります。

フロアコーティングをDIYで行なう場合にも注意が必要となります。

専門業者の場合には、施工個所の状態に合わせて原料の調整や、一番良い方法で施工をします。

千葉のフロアコーティングの特徴につてをいくつか紹介しています。

自分で行なう場合には、剥離やムラといったトラブルを起こす可能性が高く、この場合、種類によっては剥離が不可能となるものもあり、フロアーの張替などの大事につながることになってしまいます。

教えて!gooの最新情報が揃っています。