img_01

フロアコーティングのメンテナンスについて

フロアコーティングは、一般的に使用されているワックスとは異なり、ウレタンやガラスの塗膜をフローリング表面に形成する方法となるためにメンテナンス面で容易な点があります。
種類にもよりますが、水や薬品、洗剤等にも強いこともあり、通常はふき取る程度のメンテナンスで十分に使用を続けていくことができます。
また、耐久性も高いことから、ワックスのように摩耗や光沢が無くなることも非常に少ないために、定期的に重ね塗りをすることも必要なくなります。

共同通信社についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

但し、床材の破損や、塗り直しのために剥離をする必要が出てくる場合もあります。


フロアコーティングでは、種類によっては剥離出来るものと出来ないものがあり、そのために、施工を依頼する場合には慎重に判断をすることが重要になります。まず、剥離が出来る種類としては、定期的な施工が必要となる高濃度ウレタンコーティングとなります。

千葉のフロアコーティングの情報探しをお手伝い致します。

水性ウレタンハードコーティングやシリコン配合ウレタンコーティングの場合には、剥離は可能となるものの、かかる費用が高額となってしまいます。

ウレタンハードコーティングやUVウレタンコーティングの場合では、剥離をすることが不可能となっており、補修に関しても3年以上経過した部分では出来なくなっています。

フロアコーティングの中でも、耐久性が非常に高いガラスコーティングの場合には部分補修は可能となるものの、剥離に関しては不可能となっており、その場合にはフローリングの張替等で対処をすることになります。



フロアコーティングの施工を判断する場合には、後のことも十分に考慮をした上で行う必要があり、専門業者からのアドバイスも受けることが大切なことになります。